当院にとって自由診療とは

☞ 当院は保険医療機関です。そのため、いたずらに保険外診療(自由診療)をお勧めすることはありません。しかし、保険適応外ながらその多くは先進材料を使用するなどによって、治療結果の優位性が高いことも確かです。したがって自由診療を単なる贅沢と解するのは早計です。たとえば、自由診療であればセラミック素材*を選択することが可能ですが、単に見た目がきれいだから使用するのではありません。たまたま保険診療では金属修復物を用いるために、それと比較すれば見た目がきれいだということにすぎません。治療の本質は、セラミック素材が天然歯のエナメル質に近い性質を持ち、見た目や形だけでなく、より本来の「治療回復」と呼べる結果が得られる点にあります。また、金属アレルギーのある方にとっては少ない選択肢のうちの一つになりうるのです。当院で行う自由診療は、このようなスタンスに立ってお勧めするものです。なお、お問い合わせの多い審美治療についての紹介​はこちら。 *セラミックは多種多様です。詳しくは歯科医師にお尋ねください。

 歯科治療をお受けになる方によってその治療のニーズはさまざまです。保険診療には定められたセーフティーネットに則っており、治療の選択肢に限界があります。保険診療による縛りを超えた先に、自由診療があるとお考えいただけるとわかりやすいかと思います。また、そこに扱われる歯科材料を含む治療手法は、一般に審美的要素を含むことが多いため、巷では暗に審美治療=自由診療として紹介していることも少なくありません。これは保険診療では機能回復にのみ重きを置いているからだということもできます。換言すれば、外観の回復までは(コストがかかってしまうため)保険診療で解決することができないともいえます。

 保険診療という縛りが解かれると何ができるようになるのか、これをある程度は知らないと、こういった治療の希望もできませんので簡単ではありますが、予めホームページで少し紹介をさせていただき、ご参考になれば幸いです。

 セカンドオピニオンもお気軽にお申し付けください。*なお、自由診療とされるもので当院が行わない処置や治療はこちら。​