top of page
ブレイススマイル

​先生、質問があります。
本格的な矯正治療を受けるには抵抗があるけれど、気になる箇所だけ、矯正治療してもらえませんか?

アライナー矯正治療のご紹介

 やはり歯科治療をしていると、少なからず上記のご質問を受けることがあります。

 当院では、本格的な全顎矯正治療は専門外のため行っておりませんが、軽度の部分矯正にはお応えすることは可能です。そもそも実際の臨床では矯正治療が一般治療においても時として必要なるケースがあります。例えば、歯と歯の間のスペースを確保したうえで補綴治療(*入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療のこと)を行ううえで、予めスペースを確保する必要があるケースなどがあります。このような場合、全顎を歯列矯正するのではなく、計画の範囲において歯列を矯正する必要があります。

 また、近年の技術の進歩によって、デジタル技術を応用して口腔内を3次元的に精密に再現、分析することが可能になってまりました。一昔前であれば、経験とセンスが生み出す職人技とも言い切れる歯列矯正の領域にメスが入ったと言ってもよいでしょう。

 当院では、従来より口腔内を3Dスキャンにて分析、これを詰め物やかぶせ物の製作に応用してまいりましたが、この技術をさらに応用し、歯列矯正による歯並びの変化を3Dシュミレーションによって再現し、それを利用したマウスピース(=アライナー)矯正が可能です。

 但し、マウスピースにのみ頼った矯正手法には、力学的に限界があるため、無理な治療計画を行うことはできません。当院では、主に部分矯正などに限定して矯正治療をお受けいたしております。

治療の流れ(製作中)

データ集め(口腔内スキャンetc.)

​データ解析

​マウスピースの製作

これは職務記述書です。重要な功績や画期的な出来事を含めて、あなたの職位が詳しくわかるように、簡潔に説明してください。関連するスキルやハイライトも必ず加え、サブタイトルの学歴年数を忘れずに調整してください。

これは職務記述書です。重要な功績や画期的な出来事を含めて、あなたの職位が詳しくわかるように、簡潔に説明してください。関連するスキルやハイライトも必ず加え、サブタイトルの学歴年数を忘れずに調整してください。

これは職務記述書です。重要な功績や画期的な出来事を含めて、あなたの職位が詳しくわかるように、簡潔に説明してください。関連するスキルやハイライトも必ず加え、サブタイトルの学歴年数を忘れずに調整してください。

bottom of page